費用が安くて便利

女の人

行政書士の資格は通信講座で学習できるようになっています。専門学校や専門スクールに通うよりも、断然、費用が安いという点が魅力的です。また、働きながらでも受講できます。カリキュラムもきちんとしているため、学習しやすくなっています。

心強い味方です

スーツの人

行政書士試験は合格率が約10%程度と難関試験です。受験資格は特にないため、誰でも受験できますが、独学ではややハードルが高いです。そこで通信講座がおすすめです。仕事をしながらでも勉強できるし、テキストも分かりやすくまとめられています。モチベーション維持しながら勉強できる体制が整っています。

活用上のメリット

女性

自由度高く費用も安い

行政書士は、法律を扱う仕事の中で弁護士や司法書士と並び人気がある仕事です。法律という重要なものを扱うため、国家資格が必要です。行政書士の資格は就職や転職に有利で、経験を積んだ後は独立して事務所を構える人も少なくなく、取得することでメリットが大きい資格です。そのため、行政書士の資格試験は、年間8万人以上の受験者数があります。役所へ提出する書類の作成代行が主な業務ですが、弁護士・司法書士への登竜門としての位置づけにもなっています。資格取得するための方法には、独学や専門学校等への通学・通信講座などがありますが、通信講座を受講する人が増加しており合格実績も上がってきています。その理由として、通信講座の受講を開始するにおいて通学講座よりハードルが低く、独学よりは断然合格率が高いからです。通信講座は、通学できる範囲に行政書士関係の学校がない場合でも受講が可能で、カリキュラムもある程度は自分のペースで取り組むことが可能です。カリキュラムが決まっている通学講座に比べて自由度が高いので、勉強時間が限られている社会人でも取り組むことができます。最近の通信講座は講義もDVDを利用し、実際に通学講座で講義を受けているような臨場感で勉強に取り組むことができます。質問や情報交換についても、インターネットを用いた掲示板やチャットで、自宅にいながら行うことができます。DVD講義の利点は、弱点について何回も視聴してわかるまで繰り返し勉強できるということもあります。費用も通学教育に比較して5分の1程度と安いことも大きなメリットです。

合格への心強い味方

文房具

行政書士試験を独学で続けるには、かなりの労力が必要です。そのため、多少の費用をかけても通信講座を活用するのがおすすめです。通信講座ではテキストからフォロー体制までがしっかり整っており、合格を強くバックアップします。普段忙しい人でも勉強を続けることができます。